2012年12月07日

■冬の動物達in仙養ヶ原

早いもので、12月も一週間が過ぎようとしています…

ここ仙養ヶ原ふれあいの里も着々と冬支度をしており、本日も園内を走り回っていました。

と、目に留まったものが、これ。

IMG_4883_R.JPG

私の足跡ではない…


IMG_4884_R.JPG


皆さん、この足跡誰の者かわかりますか?


正解はこちら
    ↓
    ↓
    ↓

    ↓

    ↓


    ↓


    ↓



    ↓





    ↓

    ノウサギ

すいませんあせあせ(飛び散る汗)画像は無いんですふらふら



お詫びにもう一つ


IMG_4881_R.JPG

こちらはもうおわかりですねexclamation&question

え?遠くてわからないって?

じゃあこちら。

IMG_4882_R.JPG


だいぶ雪が融けてしまっているので判りづらいですが、

テン(の仲間)ですexclamation×2(たぶん…)


ノウサギもテンも、神石高原町では夜になるとよく見かける動物ですねexclamation



では、仙養ヶ原にたくさんいるのに、めったにその姿を見かけない動物がいるのをご存じでしょうか?




ヒントはこちら

IMG_4887_R.JPG

                                   ↑
(私は最初、公園内のいたるところにあるこれを見て、動物か何かのフンだと思っていました。)







答えはコウベモグラかヒミズだそうです。




僕はまだその姿を見たことはないんですが、一度だけ音を聞いたことがあります。

それも鳴き声ではなく、「ブチブチッ、ブチブチッ」という音。

土の中で、草の根を千切りながら進んでいたのでしょうか?

IMG_4880_R.JPG

こうやって移動した形跡があると、追いかけていきたくなりますねグッド(上向き矢印)


寒くなって外に出るのも億劫になりがちですが、

雪が降ることで、野にいる動物たちの足跡を顕わにしてくれるので、

暖かくして仙養ヶ原に動物観察に来てみては如何exclamation&question



お相手は新人の平八でした。



posted by 仙養ヶ原ふれあいの里 at 17:34 | TrackBack(0) | 自然体験
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60597233

この記事へのトラックバック